引きこもりの弟を抱える48歳男性、貯金30万円の前途多難

引きこもりの弟を抱える48歳男性、貯金30万円の前途多難

48歳で貯金はたった30万円。老後資金も用意できていません(写真はイメージです) Photo:PIXTA

■48歳と44歳の夫婦2人暮らし家計簿をつけても貯金たった30万円

 今回ご相談を送ってくださったのは、福祉関係のお仕事をされている48歳の男性です。家計簿アプリを使って家計管理をしていますが、現在の貯蓄は30万円程度。さらに15年ほどの間、引きこもりをしている弟さんがいらっしゃるといいます。

【相談内容】
<相談者の家族構成と年齢>
Yさん(ご本人・福祉関係)48歳
妻(福祉関係のパート)44歳
ネコ(1匹)

<世帯収入(月額または年額)>
Yさん 手取り月収27万9743円(定期代含む)(額面年収約370万円)
妻 手取り月収11万円(額面年収約150万円)

<月間支出>
24万9164円(クレジットカード払い12万7909円、現金払い12万1255円)
※詳しくは次ページの表を参照

 半年ほど前から、楽天の家計簿アプリで私の支出をすべて記録しています。家内のスマホ代(1万円)、生命保険代、仕事中などの食事代、国民健康保険代は家内が負担しています。さらに、年間でかかる固定費の支払い分として毎月1万5520円を用意しています(年間18万6240円)。

<貯蓄> 
30万円程度

<投資額> 
毎月5000円 
投資信託を先月より始めました

<ローン>
一戸建ての住宅ローン有(78歳までの返済) 
軽自動車ローン(残り9年程度)
リフォームローン(約20年)

<具体的なお悩み>
 両親は70代後半で今のところは健康で、年金などで暮らしています(持ち家)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)