動物図鑑ブームの仕掛け人!動物学者と編集者が考える「生き物」の魅力とは?

動物図鑑ブームの仕掛け人!動物学者と編集者が考える「生き物」の魅力とは?

動物学者・今泉忠明氏と編集者・金井弓子氏

動物図鑑が売れに売れている。近年では、2016年に発売した『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)がシリーズ累計350万部、また18年発売の『わけあって絶滅しました。』がシリーズ累計69万部を達成した。実はこの2冊の本には、いずれも同じ人物が携わっている。監修者で動物学者の今泉忠明と、編集者の金井弓子だ。今回の動物ブームは、一体どのように作り出されたのか? ベストセラー作品を生み出す上で、どんな工夫や困難があったのかを2人に語ってもらった。全3回に渡ってお届けする対談企画の第1弾。(聞き手/澤田 憲)

■景気がいいと「動物」や「科学」の本が売れるんです

――今泉先生は動物学者として、さまざまな図鑑の執筆や監修をされていますが、最初の「動物図鑑ブーム」はいつ頃だったと記憶されていますか?

今泉 第一波は、僕が大学生のときですね。1963年に『野生の王国』(毎日放送)っていう世界各地の野生動物の暮らしを紹介するドキュメンタリー番組が始まりまして。今でいう「ナショナルジオグラフィック」みたいな感じですけど。それを契機に、いろいろな自然科学系のテレビ番組や雑誌が出るようになったと記憶しています。

金井 今泉先生は昔、自然科学雑誌の記者もされていたんですよね?

今泉 そうそう、30〜40代のときね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)