「オプジーボ」に開発力で勝る「キイトルーダ」、がん免疫薬の地殻変動

「オプジーボ」に開発力で勝る「キイトルーダ」、がん免疫薬の地殻変動

Photo:aydinmutlu/gettyimages

2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑・京都大学高等研究院特別教授の研究を基に開発されたがん免疫治療薬「オプジーボ」に開発力で勝る薬が現れた。開発の実態を各種がん治療薬の「処方金額ランキング」と共にレポートする。(ダイヤモンド編集部副編集長 臼井真粧美)

■ノーベル賞受賞の研究を基にしたオプジーボがなぜ後退したのか

 薬物治療で近年、最も大きな変化をもたらしたのが免疫チェックポイント阻害薬、ざっくりとがん免疫治療薬などと呼ばれるがんの薬だ。世界に先駆けて2014年に登場した免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」(製品名)は、18年にノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑・京都大学高等研究院特別教授の研究に基づくもの。従来の抗がん剤ががん細胞を直接攻撃するのに対し、オプジーボは体が持つ免疫機能を引き出して、がん細胞と闘わせる。がんに対する免疫細胞の攻撃スイッチをオフからオンに戻して、体内にもともとある免疫細胞を活性化させるのだ。

 ここにきてオプジーボをしのぐ薬が出てきた。同じ抗PD-1抗体に分類される抗体医薬品、米メルク(日本法人はMSD)が開発した「キイトルーダ」(製品名)だ。オプジーボに勝ると評されるのは開発力である。

 クレディ・スイス証券の酒井文義アナリストは「キイトルーダが結局一番いいという話になり、『テセントリク』(製品名)も追い掛けてきて、オプジーボは2番手か3番手争いの位置にいる」とオプジーボの後退を指摘。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)