【TBS『金スマ』で話題沸騰!】 「番組史上最も楽して痩せる食事術」とは?



 私の1日2食は、昼食抜きでも夕食抜きでもなく、朝食抜きです。
 朝食抜きの1日2食には大きな健康効果があるからです。

 たとえば、夕食を夜7時に食べたとしましょう。
 翌朝に朝食を食べず、正午に昼食を食べたとすると、食事をしない断食の時間は半日以上、なんと17時間にも達します。

 この間ずっと断食しているわけですから、糖質の摂取は当然ゼロです。
 17時間もの間、血糖値の乱高下がなく血糖値がずっと安定するので、血管や臓器へのダメージは皆無です。

 何より朝食を食べないと、前日の夕食から当日の昼食までの間、内臓脂肪を始めとする体脂肪がメラメラと燃焼し続けるのです。

 そもそも朝起きたばかりでまだ何も活動していないのに、すぐに食事を摂るという習慣は、人類の歴史でまずなかったと考えられます。
 午前中の活動に備えるなら、体脂肪として貯蔵されているエネルギーで十分まかなえます。
 
 朝食抜きは理にかなっているのです。

【次回に続く】

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)