ウェブの人材採用はもう古い!?「社員紹介方式」の超リアルな就活とは

ウェブの人材採用はもう古い!?「社員紹介方式」の超リアルな就活とは

株式会社MyRefern(マイリファー)の鈴木貴史CEO

今年10月に発表された有効求人倍率は1.59倍と、依然として高い水準が続く。多くの企業は人材の確保に頭を抱える一方で、もはや終身雇用への期待を持たない若手社員の引き留めにも苦慮している。こうした状況に、「若者の求職トレンドは変化しており、採用もアップデートすべき」と話すのは、リファラル採用(社員に人材を紹介してもらう採用方法)活性化サービス「MyRefer」を提供するマイリファーのCEO鈴木貴史氏だ。今、若者の求職にどのような変化が起き、企業は採用力を高めるためにどう対応していくべきなのだろうか。(取材・文/福田さや香+YOSCA、企画・編集/FIREBUG、撮影/鈴木大喜)

■「an」終了の本質は若者のキャリア観のシフト

“老舗”アルバイト求人情報「an」が、2019年11月25日をもってサービス終了となる。運営するパーソルキャリアは紙からWebへの転換の遅れを理由に挙げているが、同社(当時はインテリジェンス)OBである鈴木氏の見解は異なる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)