円高は回避できるか?為替市場「年末までのシナリオ」を読み解く

円高は回避できるか?為替市場「年末までのシナリオ」を読み解く

10-12月期は、米中貿易戦争の帰趨、主要国・地域の金融緩和の持続性などが、主要通貨にとって重要テーマとなる(写真はイメージです) Photo:PIXTA

米中貿易戦争の帰趨
次の山場は12月15日 米国と中国は、10月10・11日開催の閣僚級通商協議で部分的な暫定合意に達し、合意文書は11月16・17日のチリ・サンチアゴにおけるAPEC首脳会議までに作成される見通しとなっている。この結果、10月15日に延期されていた米国の対中追加関税第1〜3弾(2500億ドル相当)の関税率引き上げ(25%→30%)は、当面見送りとなった。

 ただし今回の合意はあくまで部分的なもので、今回合意したとされる農業、為替問題以外の産業補助金、技術移転強制といった合意がより困難な問題は残ったまま。トランプ大統領は今回の合意を「第一段階」とし、すぐに第二段階に入ると述べた。12月15日には延期されていた対中追加関税第4弾の一部(1600億ドル相当)の発動が予定されており、11月末から12月前半にかけて、米中は再び協議入りすることになるだろう。

年内の米中貿易協議は現状維持
最終的には対中関税引き下げも 米中貿易戦争でのベストシナリオは、年内に最終合意に至り、米国によるこれまでの対中追加関税の一部が引き下げられる展開だ。この場合、人民元と共に豪ドルやニュージーランド(NZ)ドルが最も上昇しやすく、ドル円もリスク回避の円高圧力の後退から上昇するだろう。

 一方、ワーストシナリオは、協議が決裂して再開のめどが立たず、米国が12月15日の対中追加関税を予定通り発動する、あるいは対中関税をさらに引き上げる展開だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)