自民党政務調査会の「ヌシ」が語る、政治家にならずに世の中を変えた半生

自民党政務調査会の「ヌシ」が語る、政治家にならずに世の中を変えた半生

田村重信(たむら・しげのぶ) 1953年新潟県生まれ。和敬塾西寮。現在は、日本国際問題研究所客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、自由民主党政務調査会(嘱託)などを務める

「和敬塾」という珍しい男子学生寮がある。1955年、産業用冷凍機の国内シェアトップを走る前川製作所の創業者・前川喜作氏が都内を一望できる目白台の細川邸7000坪の土地を手に入れ、建設した。卒塾生は5000人を超え、現在も大学や出身地、国籍、宗教の異なるさまざまな学生が暮らしている。6月に出版され話題となっている『秘録・自民党政務調査会』(講談社)の著者、自民党政務調査会のヌシと呼ばれる田村重信氏も和敬塾出身。16人の総理に仕え、さまざまな歴史的舞台に立ち会ってきた。彼が数奇な半生をたどるきっかけとなった和敬塾での夢と恋の思い出を語ってもらった。(清談社 村田孔明)

■田中角栄に憧れ政治家を志す

「政治はすごい、街を明るくできるんだ」

 新潟県出身の田村重信氏は、雪に悩まされる地元に暗いイメージを抱いていた。そんな故郷が田中角栄の登場によって一変し、街が活気づく姿を目の当たりにした田村氏は、いつしか政治家を志すようになった。

 1971(昭和46)年に拓殖大学政経学部に入学し、東京都練馬区にある大学の恒心寮に入る。和敬塾には大学3年の春から友人の紹介で移り住んだ。

「恒心寮は1部屋が6人。それが和敬は3年生からは1人部屋です。上下関係が厳しいっていっても、恒心寮に比べれば楽なものでした」

 田村氏は率先して寮内のサークルや行事に参加し、すぐに和敬塾でも多くの友人に恵まれた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)