ナチュラルメイクで、 美肌・小顔に見せるには?

ナチュラルメイクで、 美肌・小顔に見せるには?

? cecy young(SIGNO)

毎日、なんとなく同じメイクをしていませんか? そのやり方、本当にあなたの顔を美しく見せてくれていますか? もし、ちょっとよくわからない……と思ったら、ぜひこの方法を試してみてください。人の顔には、顔立ちや年齢にかかわらず、「ここをこうすると誰でも美しく見える」という、共通したポイントがあります。そのポイントを踏まえてメイクすることで、どんな人もまるで「すっぴんが美人」であったかのように美しく見せることができます。モデル・女優が「ここぞ!」という仕事で頼りにするメイクアップアーティスト・佐伯裕介が、どんなナチュラルメイクの日でも必ず美人に見せられる、メイクのコツを分かりやすく紹介します。

■アジア人の肌に合うファンデーションの選び方

 メイクの仕事をしていると「ファンデーションはどんなものを選べばいいですか?」という質問をよく受けます。

 僕が日常のベースメイクとして提案しているのは、顔に明暗のグラデーションをつくって立体的に見せるものですが、そこでのファンデーションの役割は、あくまで肌の質感を整えること。
 顔を明るく見せるのは、そのあとに使うコンシーラーの役割です。ところが、ファンデーションが明るすぎると、次に塗るコンシーラーが際立たず、顔に立体感がつかなくなってしまいます。
 ですから、ファンデーションというと、明るめのほうがきれいに見えると思われやすいのですが、「肌と同じか、若干暗く見えるものがベスト」と覚えてください。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)