【発音が問題じゃない】うまく話すことより、英語で評価される2つの話し方

「英語が全然話せない」「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」。ネイティブを前にしたとたん、「英語が通じない」と悩む日本人は多くいます。一方で、日本人と同じく、英語でハンディがあるはずの非ネイティブは、うまくやっています。なんと、ビジネス英語には、非ネイティブが身につけるべき「絶対ルール」が存在したのです。
1年2ヵ月売上ゼロで窮地に追い込まれた著者が、今ではネイティブを部下に持ち、15ヵ国以上の外国人プロフェッショナルをマネージするきっかけとなった、非ネイティブが実践しているテクニックを『ビジネス現場で即効で使える非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』にまとめました。学生時代に学んだ単語でじゅうぶん。使えるフレーズを多用し、ポジティブで丁寧な言い回しを意識すれば、英語での会話は怖くありません。「こんなとき、なんて言えば?」があっという間になくなるキーフレーズを中心に紹介します。

■「美しい発音」より「丁寧な話し方」

 シンガポール人の多くは英語が第一言語ですが、街中では「シングリッシュ」と呼ばれる独特ななまりのある英語が使われています。ネイティブが英語だと気がつかないくらい、なまっています。このためシンガポールの学校やテレビの放送ではシングリッシュを使わず、発音の美しい英語の使用が推奨されています。

 実際、企業の採用においても、アジアNo.1のシンガポール大学の卒業生でシングリッシュなまりが強いシンガポール人よりも、無名のオーストラリアの大学を出たきれいな英語を話す人のほうが、高く評価されるのを見てきました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)