【発音が問題じゃない】うまく話すことより、英語で評価される2つの話し方

部下であっても、立場・年齢・性別に関係なく、どんな相手にも丁寧に気遣いながら接することが求められます。

 つまり、敬語や丁寧語をうまく活用し、相手への敬意と気遣いを示すといった、英語を使ったコミュニケーションが求められるのです。

 外国人たちは、私たちが思う以上に相手への接し方に気をつけていますが、特に仕事ができる人ほど、英語を使いこなしています。しかもTPOに応じて、臨機応変に言葉遣いや表現を巧みに操っているのです。

 仕事では、いかにまわりの人たちを巻き込めるかが重要となってきます。それを意識して、英語での話し方やコミュニケーションを変えていくことが大切です。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)