うつ病の治療に効果が見込める「サプリ」の正体



 ただ気を付けたいのは、サプリの効果も普段の食事あってのこと、という点だ。心が辛いときはどうしても食事が不規則になり、栄養不良やカロリー過多から心身の健康を損なってしまう。そこで一つのサプリやマルチビタミンに頼るのは本末転倒というもの。

 何より本研究の対象になった栄養素は、全て食事から摂取できる。たとえば、大うつ病に効果ありと判定されたPUFAは青魚やサケから、もし魚が嫌いならナッツ類や大豆油由来のαリノレン酸から摂取できるのだ。

「自分の身体は、自分が食べたものでできている」。この真理は「心」にも通じる。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)