TikTokが世界最強のSNSとなる5つの理由

TikTokが世界最強のSNSとなる5つの理由

Photo: Adobe Stock

動画アプリ「TikTok」を、多くの日本人は一時的に流行している若者向けのサービスと誤解しています。しかしその正体は、「チャイナ・イノベーション」の集大成ともいえる最強のスペックをもつアプリであり、実際に「世界で最も人気のあるアプリの1つ」として、驚異的なDL数、ユーザー数を誇っています。

TikTokについて初めて本格的に解説した『TikTok 最強のSNSは中国から生まれる』より、その強さの秘密を紹介します。

■日本では誤解されているTikTok

 TikTokをごく簡単に説明すれば、中国のメディア企業であるバイトダンスが運営する、基本的に15〜60秒のショートムービーを投稿・閲覧するSNSです。

 このTikTokというサービスに対して、皆さんはどんな印象を抱いていますか?
 多くの方は、「10代の女子高生が踊ったり、口パク(※)をしているアプリ」といったイメージをお持ちでしょう。あるいは、お笑い芸人のくっきーさん(野性爆弾)や女優の新川優愛さん、上戸彩さんと小芝風花さん、中村倫也さんらが出演した数々のテレビCMを思い出す方もいるかもしれません。

※音楽や他人の音声に合わせて発声せずに口を動かす「口パク」は、動画系のSNSでは「リップシンク」と呼ばれ、広く定着している表現技法となっています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)