JR本州3社の決算にも爪痕、台風や豪雨が鉄道事業者の収益を削る

JR本州3社の決算にも爪痕、台風や豪雨が鉄道事業者の収益を削る

JR3社の中間決算はいずれも好調だったが、下期は北陸新幹線車両の水没など、台風19号による被害が少なからず業績に響きそうだ Photo:JIJI

JR「本州3社」の中間決算が出そろった。不動産・ホテルやSuica事業などが底上げするJR東日本、新幹線中心に運輸収入が絶好調のJR東海、さらに昨年の災害による減収減益から大きく回復したJR西日本と、3社ともに明るい内容であった。ただし、下半期の業績は台風19号の影響などによって、JR東日本とJR西日本は大きな損失を計上する見通しだ。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

■不動産や決済で稼ぐJR東日本JR東海は新幹線が絶好調

 10月28日にJR東海、JR東日本、JR西日本が2020年3月期中間決算を発表した。景気の減速がささやかれるなか、「本州3社」の業績は引き続き好調が続いている。

 国内最大の鉄道事業者であるJR東日本の中間連結決算は、営業収益は1兆5188億円(前年同期比2.1%増)、営業利益は2965億円(同1.5%増)の増収増益となった。セグメント別に見ると、不動産・ホテル事業は既存店舗の売り上げが好調で前期比2.8%の増収。IT・Suica事業は、キャッシュレス化の進展でSuica電子マネーの利用と加盟店が大きく伸びたことが要因となり、営業収益が同14.0%、営業利益は同40.7%となる大幅な増収増益だ。

 営業収益の6割以上を占める本体の鉄道運輸収入は、前期比1.3%増と好調を維持している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)