明治・グリコが参入の液体ミルク、普及が危ぶまれる「グレー」な理由

明治・グリコが参入の液体ミルク、普及が危ぶまれる「グレー」な理由

Photo:JIJI

10月に日本を襲った台風19号。そこで大活躍したのが「液体ミルク」だ。作成に手間がかかる粉ミルクとは異なり、パッケージを開封すれば授乳が可能という便利な商品だ。日本では今年の3月に発売が解禁されたばかりで、現在は明治と江崎グリコの2社のみが参入している。(ダイヤモンド編集部 山本興陽)

■台風19号で乳児の命を守った「液体ミルク」

「台風で停電と断水になり、赤ちゃんの粉ミルクが作れなくなってしまった。避難所での生活で自治体から液体ミルクが支給され、本当に助かった」――。

 被災者からの感謝の声に、液体ミルクの販売を行う江崎グリコのある女性社員はトイレで一人涙したという。

 自然災害が相次ぐ日本。10月には大型の台風19号が直撃し、最大で43万軒以上の停電をはじめ、産業・家庭共に甚大な被害をもたらした。

 このときに、陰で大活躍したのが「液体ミルク」だ。避難所での生活はプライバシーの観点から母乳の授乳環境も限られる。広く普及する粉ミルクは、粉を量り、お湯で溶かした後に、人肌まで冷ますという手間と時間を要する。断水や停電になれば、衛生環境の確保やお湯の用意さえも難しい。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)