TikTokが制した、世界の「次に栄える場所」

TikTokが制した、世界の「次に栄える場所」

黄未来(こう・みく)
1989年中国・西安市生まれ。6歳で来日。南方商人である父方、教育家系である母方より、 華僑的ビジネス及び華僑的教育の哲学を引き継ぐ。早稲田大学先進理工学部卒業後、2012年に三井物産に入社。国際貿易及び投資管理に6年半従事したのち、2018年秋より上海交通大学MBAに留学。現在は中国を本拠地として、オンラインサロン「中国トレンド情報局」も主宰。

11月3日、アイドルグループの嵐が始めることでも話題なったSNSアプリ「TikTok」。折しもほぼ同じタイミングで発売され話題になったのが、『TikTok 最強のSNSは中国から生まれる』だ。その刊行を記念して行われた著者・黄未来さんと、『アフターデジタル』『ディープテック』などの著作をもつ尾原和啓さんの対談は、TikTokの強さの秘密から始まって、中国のインターネットビジネスの潮流にまで及んだ。(構成:田中幸宏)【前編はこちら】

■ウソをつくインフルエンサーは長い目で見て淘汰される

黄未来(以下、黄) インフルエンサーというと、ステルスマーケティングがあるので信用できない、という方がいるかもしれませんが、中国では、そういうウソをつく人は生き残れないんですよね。インフルエンサーは商品を紹介してお金をもらう広告モデルだから、使ったことがないようなモノでも紹介すると思うじゃないですか。お金をもらっているから、たとえ嫌でも宣伝せざるを得ない。でも、違うんです。

 インフルエンサーの収入パターンは2つあって、1つが広告費。たとえば20秒の動画で1000万円、先にもらいます。残りは成果報酬なんですね。たくさん売れれば、その分報酬も増える。そのたし算でその人の収入が決まるんです。中国でもトップクラスのインフルエンサーになると、めちゃくちゃ売ります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)