「つわりの重い人」が絶対に試すべき3大解消法



 妊娠中の吐き気や嘔吐の原因についてはあまり解明されていませんが、妊娠にともなう生物学的変化(ホルモンなど)によるもの、というのがおおむね一致した意見です。

 なかには害のある食べ物や物質を避けたり、体から排除したりするための防御機能ではないかと考える研究者もいます。この説には裏づけとなる根拠もあります。たとえば、つわりがいちばんひどい時期が、胎児の発達にとくに悪影響が出やすい妊娠初期である、といったことです。

■それはともかく、どうすればいい?

 それはともかくとして、つわりの症状は重いと本当につらいものです。そんなとき、症状をやわらげるにはどうすればいいでしょう?

 妊娠中の吐き気にはショウガが効くことを示すデータがありますが、一貫性のあるデータとは言えません。それどころか、食事によって症状を緩和する工夫については本格的な研究がなされていないのが現状です。それでも、吐き気や嘔吐に悩まされているときは、レモンジンジャーティーを試す価値はあるでしょう。

 公衆栄養学の独立した慈善機関であるファースト・ステップ・ニュートリションでは、ほかに3つの提案をしています。

その1:淡白で水分の少ない軽食を、一定の間隔で少しずつ食べる(何もつけないトーストなど)。

関連記事(外部サイト)