「つわりの重い人」が絶対に試すべき3大解消法


その2:朝起きたときに水分の少ない軽食を食べる。
その3:脂っこい食べ物や辛い食べ物、においの強い食べ物を避ける。

 人によってはつわりに加えて、コーヒーや揚げ物など、特定の飲食物に強い嫌悪感を抱くことがあります。

 また妊娠中には、猛烈な食欲を感じたり、特定のものをむしょうに食べたくなったりすることも珍しくありません。妊娠中の食欲増進は50〜90パーセントの女性が経験すると考えられています。

 妊娠中に脂肪や砂糖を多く含む食べ物(ケーキやキャンディ、チョコレートなど)への欲求が高まると、摂取するカロリーの総量が増え、さらには母体の体重が増えすぎるおそれがあります。

 猛烈な食欲にとりつかれたら、抵抗するのはかなり大変だと痛感するはずです! できるだけ健康的なおやつを選ぶ努力をしましょう。

(本原稿は、『人生で一番大事な最初の1000日の食事』〈クレア・ルウェリン、ヘイリー・サイラッド著、上田玲子監修、須川綾子訳〉からの抜粋です)

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)