結果を出せる営業マンは「モノの見方の次元」が常に高い理由

結果を出せる営業マンは「モノの見方の次元」が常に高い理由

ビジネスでは常に考える必要がある(写真はイメージです) Photo:PIXTA

多くの問題が発生するビジネスでは常に、問題解決のためにさまざまなことを考えなければならない。「真の問題解決」ができる考え方を身に付けることが必要だ。その具体的な方法とは。(AKTANA International LLC プリンシパルコンサルタント 高橋洋明)

■基本的にビジネスの問題は2つ

 前回の記事(『営業は顧客や環境の変化を「売れない理由」にしてはならない理由』)では、結果を出せないビジネスパーソンは、自分が結果を出せない理由を見つけ、そのせいにして、それ以上考えないこと、そしてそこに生じる損失の大きさも見てきた。

 その上で、「問題を俯瞰(ふかん)して捉え、モノの見方の次元を高める考え方」が非常に有効であることを、今回取り上げてみよう。

 ビジネスでは常に、さまざまなことを考えなければならない(以前お伝えした『「自分で考えない人ほど「仕事ができる人」と勘違いされ、昇進する理由』、『上から目線、やたらとダメ出しする人ほど「考えない人」が多い理由』も合わせて参照されたい)。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)