「桜を見る会」問題は、政治家が国民を信頼していない証拠である理由

「桜を見る会」問題は、政治家が国民を信頼していない証拠である理由

「桜を見る会」などについて記者からの質問に答える安倍晋三首相 Photo:JIJI

■「桜を見る会」の中止を決定するも野党はさらに安倍首相を追及する構え

 安倍晋三首相が国家予算を使って毎年開催してきた「桜を見る会」について、政府は来年度の開催を中止すると決定した。安倍首相や自民党議員の地元支持者が多数招待されて、規模が年々拡大してきた「私物化」が問題となっている。

 首相は、中止を決断することで幕引きを図りたい考えだったが、立憲民主党の安住淳国対委員長は「むしろ非を認めたということなので徹底的にやらせていただきます」と発言し、野党はさらに首相を追及する方針だ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)