朝鮮半島の南北統一が不可能な理由を、ドイツを例に検証 韓国は負担に耐えられるか

朝鮮半島の南北統一が不可能な理由を、ドイツを例に検証 韓国は負担に耐えられるか

記事まとめ

  • 朝鮮半島の南北統一の可能性を、東西ドイツの統一を例に、経済の側面を中心に考えた
  • 当時の東西ドイツの経済格差は、統一後のドイツ経済にとって大きなマイナスの要因に
  • 北朝鮮と韓国の経済格差は比べものにならないほど大きく、韓国が耐えられるか疑問も

韓国・文大統領が決意する南北統一が不可能な理由、ドイツを例に検証

韓国・文大統領が決意する南北統一が不可能な理由、ドイツを例に検証

Photo:PIXTA

韓国の文在寅大統領が朝鮮半島統一に強い決意表明

 8月15日、“光復節”の記念式典において、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2045年までに朝鮮半島の統一(南北統一)を目指すと強い決意を表明した。

 そこで、朝鮮半島の南北統一の可能性を経済の側面を中心に考える。

 この問題を考えるについて、東西ドイツの統一がどのように進んだかを振り返ることは有益だろう。

 当時の東西ドイツの経済格差は、統一後のドイツ経済にとってかなり大きなマイナスの要因となった。統一後のドイツでは、主に東ドイツの雇用環境が急速に悪化し経済が停滞した。「ドイツは欧州のお荷物」と揶揄(やゆ)されたほど経済状況は悪化した。その後、統一ドイツが経済を立て直すには多くの時間とエネルギーが必要になった。

 現在の北朝鮮と韓国の経済格差は、統一前の東西ドイツとは比べものにならないほど大きい。北朝鮮よりも経済力が強い韓国は、統一にかかる多くの経済的費用を負担しなければならないだろう。韓国はその負担に耐えられるだろうか、疑問符が付くところだ。おそらく、韓国単独では難しいはずだ。中国やロシアなどの支援が必要になるだろう。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)