男同士で頬ずりすることも! もし、イスラム教徒と仕事をすることになったら?

男同士で頬ずりすることも! もし、イスラム教徒と仕事をすることになったら?

Photo: Adobe Stock

アメリカ・ヨーロッパ・中東・インドなど世界で活躍するビジネスパーソンには、現地の人々と正しくコミュニケーションするための「宗教の知識」が必要だ。しかし、日本人ビジネスパーソンが十分な宗教の知識を持っているとは言えず、自分では知らないうちに失敗を重ねていることも多いという。本連載では、世界94カ国で学んだ元外交官・山中俊之氏による著書、『ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門』(ダイヤモンド社)の内容から、ビジネスパーソンが世界で戦うために欠かせない宗教の知識をお伝えしていく。

■「ハラールフード」は用意しないほうがいい?

 イスラム教徒と仕事をするなら、食事には気を使わなければいけません。食べてはいけないものがコーランに厳しく定められており、特に豚は全面禁止となっています。

 最近、日本でもムスリムの観光客増加に伴い、ハラールフード(イスラムの戒律で許された食事)の認証ステッカーを掲示しているレストランが出てきました。

 ところが「ご安心ください、ハラールフードです」というこの気遣いは、実は日本人の片思い的なところもあるのです。なぜならイスラム教徒から見れば、日本のそれは“なんちゃってハラール”。

 「あなたはムスリムではなく、アッラーもコーランも理解していない。しかも自分は豚を食べて酒を飲んでいる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)