AI通訳機「ポケトーク」はスマホアプリではなく専用端末にこだわり 社長が理由解説

AI通訳機「ポケトーク」はスマホアプリではなく専用端末にこだわり 社長が理由解説

記事まとめ

  • AI通訳機「ポケトーク」を開発・販売するソースネクストの社長に専用機の理由を聞いた
  • スマートフォンのマイクでは騒がしい場所では十分に聞き取れず適切に翻訳されないそう
  • 同じ翻訳エンジンでも、ポケトークとスマートフォンで精度が違うのはマイクの違いとか

なぜAI通訳機ポケトークは、スマホアプリでなく専用端末にこだわったのか?

なぜAI通訳機ポケトークは、スマホアプリでなく専用端末にこだわったのか?

学習用のニーズも高いポケトーク

大人気のAI通訳機「ポケトーク」を開発・販売するソースネクストの松田憲幸社長が翻訳機のプロジェクトを立ち上げた18年前、それは非現実的な目標であり、社内でも反対を受けました。しかも、ソースネクストでは、語学学習がいらなくなる翻訳機と、語学を学ぶための学習ソフトの販売を両方行ってきました。いかなる理屈で組織が納得し、両立できているのでしょうか? また、なぜAI通訳機「ポケトーク」はスマートフォンのアプリでなく、専用機として開発したのか? ソースネクスト松田社長に聞いていきます。

 「ポケトーク」に結実した翻訳機のプロジェクト「バベルの塔プロジェクト」を立ち上げた18年前から時を経て、ビッグデータ、ディープラーニングの時代になり、びっくりするような翻訳エンジン、聞き取りエンジンの技術も出てきました。日本語を話して音声入力すれば、さまざまな言語にかなりの精度で翻訳してくれます。これなら、本格的な翻訳機が作れるのではないか、と思い始めました。そして、同じぐらいのタイミングで、ある出来事がありました。

 ソースネクストが「ロゼッタストーン」の日本法人を買収したのです。

 これこそ、まさに語学学習のためのプログラムでした。世界的なブランドを日本で手がけるにあたり、私は語学学習ビジネスを手がける社内のミッションを考え、「言葉の壁をなくす」と定めました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)