渋谷駅一等地「ヒカリエ」に7年遊んだままの空間がある理由

渋谷駅一等地「ヒカリエ」に7年遊んだままの空間がある理由

ヒカリエ 空間遊ばせる理由

渋谷駅一等地「ヒカリエ」に7年遊んだままの空間がある理由

渋谷ヒカリエ4階の空間 Photo by Tomomi Matsuno

『週刊ダイヤモンド』12月14日号の第1特集は、「駅・空港パワーランキング」です。多種多様なランキング21連発。そこからニッポン、地域の未来が見えてきます。

渋谷ヒカリエ4階の空間花開くときを待ち続けてきた

 渋谷駅エリア再開発のヤマ場となる地上47階、地下7階の超高層複合ビル、渋谷スクランブルスクエア(第1期東棟)が11月に開業した。道を挟んでその隣に並ぶ複合ビルの渋谷ヒカリエには、4階部分にガランとした空間がある。

 家賃の高い駅前一等地なのに、開業した2012年から7年もの間、空間を遊ばせたまま。設計大手の日建設計で都市計画事業を統括し、03年から渋谷再開発に携わってきた大松敦取締役常務が特別の思いを寄せるのが、実はこの4階部分だ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)