ツイッター発言のパクリもアウト!?SNS時代の「著作権」問題

ツイッター発言のパクリもアウト!?SNS時代の「著作権」問題

盗作疑惑で使用中止が決まった佐野研二郎氏の東京五輪ポスター。しかし、オマージュかインスパイアか、はたまたパクリか、その違いはどう考えるべきなのだろうか? Photo:JIJI

小説、マンガ、イラスト、デザイン、音楽――。ちまたにあふれる芸術と、それを生み出すアーティストの人々のなかで、絶対に犯してはならない共通の禁忌が「盗作」だ。しかし、いまいち定義するのが難しい芸術の著作権の定義はどこにあるのか?(清談社 ジョージ山田)

■パクリの定義は意外に難しい

 オリンピックのロゴデザインから始まり、数々の作品の盗作疑惑で炎上した「サノケン」こと佐野研二郎氏しかり、有名クリエイターの盗作は時に大きな話題となる。特に最近はSNSで誰もが指摘できる環境が整ったことで、「パクリ」はより簡単に表面化する時代になったのではないだろうか。

 たとえば今年4月“美人すぎる銭湯絵師”として注目を集めていた勝海麻衣さんがイベントで描いた2頭のトラが、2012年にイラストレーターの猫将軍氏が描いた作品に酷似していると指摘されたケース。ツイッターを中心に勝海さんの盗作が拡散、さらに過去作品の盗作疑惑や、数々のパクツイ(他人のTwitter投稿を、さも自分の発言であるかのように投稿すること)などが掘り返されたことは記憶に新しい。

 国外では今年7月、アメリカの人気歌姫ケイティ・ペリーが2013年に発表した楽曲 “Dark Horse”がフレイムによるラップ“Joyful Noise”を盗作したという判決が下され、損害賠償として同曲の共作者らと共に278万ドル(約2億9700万円)を支払うよう命じられている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)