アクセルを踏むときには躊躇しない!「ポケトーク」発売元社長が語る「明石家さんまさんにCM出演をお願いした合理的理由」

12/6に発売された新型のAI通訳機「ポケトークS」では、引き続きイメージキャラクターとして明石家さんまさんが起用されています。さんまさんといえば、好感度の高さはもちろんながら、大企業でも躊躇するほど出演料が高額といわれます。それでも躊躇なく出演をお願いしたわけとは? エンジニア出身ながらネーミングやパッケージ、広告の重要性を熟知する、「ポケトーク」開発・製造元のソースネクスト松田憲幸社長に、お客さまの印象に残る広告づくりの極意を聞きました。

 「ポケトーク」は2019年12月6日に新型機を出したばかりですが、ポケトークシリーズが大ヒットしたもう一つの要因は、広告プロモーションの成功にあったと思います。中でも、イメージキャラクターとして、明石家さんまさんを起用できた効果は絶大でした。

 それこそ芸能界で圧倒的なトーク力を持つのが、さんまさんです。トークといえば、さんまさん。私が関西出身だからひいき目でいうわけではなく、全国を見渡してみて、そういえると思います。製品名が「ポケトーク」ですから、キャラクターとしてこれ以上にぴったりな人はいないでしょう。

 しかも、「翻訳機といえばポケトーク」と言われるようなデファクトスタンダード(事実上の標準)のイメージを作りたいとき、メジャー感を醸し出すうえで、これ以上にない人選だったと思います。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)