アクセルを踏むときには躊躇しない!「ポケトーク」発売元社長が語る「明石家さんまさんにCM出演をお願いした合理的理由」



 ソースネクストにとって、久しぶりのテレビCMでしたが、テレビCMが打てるかどうかは、その製品でCMを打つだけの粗利を稼げるか、で決まります。逆にいえば、ソースネクストでしばらくCMを打たなかったのは、それだけの粗利を期待できる製品がしばらくなかったからです。

 さらにいえば、テレビCMとの親和性が出るような製品がありませんでした。ところが、AI通訳機「ポケトーク」は違います。外国人旅行者が増え、東京オリンピックまでもうすぐです。この機会にビジネスを広げていきたいという企業も多いでしょう。

 日本のために、「ポケトーク」を多くの人に知ってもらいたいし、多くの人に使っていただきたい。それには、テレビCMは非常に有効です。CM以外でも、タクシー広告、電車広告、インフォマーシャルなど、どんどん露出を拡大させました。

■「ポケトークS」は英語学習の機能を強化

 さんまさんには、2019年12月に発売する3号機となる新たな「ポケトークS」のCMにも登場していただきます。この「ポケトークS」は、従来機と比べて、ガラッと機能や見た目が変わります。
まず見た目では(左写真)、機器の大きさが名刺サイズにコンパクトに、厚さも3分の2となり、重さは25%軽減し、わずか75gになりました。

関連記事(外部サイト)