中国人が日本の回鍋肉や羽根つき餃子を見て衝撃を受ける理由



 そのひとつが回鍋肉だ。中国語では「ホイグオロー」という発音に近いが、日本では「ホイコーロー」と呼ばれ、いつのころからか日本人に親しまれるようになった。ご存じのように、白いご飯によく合う、豚肉とキャベツなどの中華風の炒め物だ。

 ピリ辛風に調理する店や、甘い味噌だれで味つけする店がある。スーパーに行けば、味の素の『クックドゥ』シリーズなど、数種類の合わせ調味料も売られている。合わせ調味料を使えば、あっという間に自宅でも簡単においしい回鍋肉を作ることができる。本場の味には及ばなくても、そこそこ、おいしい中華料理が作れる。そう思っている日本人は多いのではないだろうか。

■日本の「回鍋肉」は本場・四川のものとは全くの別物

 ところが、この中国人男性は強く首を横に振って否定した。“本場”の味と比べると、ずいぶん異なるというのだ。

「確かに日本の回鍋肉は、そういうふうにして独自に“発展”してきたのかもしれませんね。それは否定しません。日本人に、中華料理に親しんでもらえるのは中国人としてうれしいですから。ですが、四川省で食べる回鍋肉はまったく違うものなんですよ。そもそも、食材からして違いますからねえ…」

 それはどういうことだろうか。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)