知るだけで文章がうまくなる3原則の1つ、「相手を意識する」とは

知るだけで文章がうまくなる3原則の1つ、「相手を意識する」とは

Illustration:jesadaphorn/gettyimages

「君の書いたもの、分かりづらいなあ」「もう少し分かりやすく書いてもらえませんか」と、上司や取引先から言われたことはありませんか?

『週刊ダイヤモンド』12月21日号の第1特集は、「伝える! 震わす! 書く力。」です。

 学校で教えてくれるのは読書感想文や論文の書きかたくらいです。それなのに社会に出るといきなり、メール、議事録、アジェンダ、プレゼン用のスライド、SNSやチャット、部下への指示書などさまざまな場面で「書く力」を求められます。

 現代はメール一本、プレゼンテーション一発で、仕事の受注や重要事項が決まります。「文章は苦手なので…」と悠長なことを言っていられる状況ではないのです。文章の書きかた一つで会社員としての運命が変わってしまうかもしれません。

 もはや、すべてのビジネスパーソンにとって、「書く力」は必須のスキルといえます。

 書く力は「たった3つの原則」を知るだけで見違えるほど上達します。それは、「文章は構造を意識する」「文章は相手を意識する」「文章は語感を意識する」の3つ。ここではその内のひとつ、「相手を意識する」の一部を紹介します。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)