「ハッタリイノベーション」に 『WIRED UK』創刊編集長がブチ切れる

「ハッタリイノベーション」に 『WIRED UK』創刊編集長がブチ切れる

著者は猛烈に怒っている。「机上で起こせるイノベーション」に。

『WIRED UK』創刊編集長デイビッド・ローワン衝撃のデビュー作『DISRUPTORS 反逆の戦略者』が、ついに日本上陸。いま日本を翻弄するシリコンバレー輸入型の「マニュアルイノベーション」にブチ切れた著者が、世界中の最先端企業を1人で回った真のイノベーション探訪記であり、日本企業が「シリコンバレー後」の戦略を練る上で欠かせない「16の行動」に落とし込んだ経営戦略書でもある。

本記事では、本書執筆の動機でもある著者の怒りのプロローグ全文を特別公開する。舞台は「ハッタリイノベーター」が集結したシリコンバレーのとある夜。長い。ひたすら長いが、これでも本全体の3%に満たない。著者の怒りと愛の一端をぜひ感じていただきたい。(構成:今野良介)

■「ハッタリイノベーション」は、もうウンザリだ。

ついに私の我慢は限界に達した。

「Innova-Con イノヴァコン」―国際イノベーション専門家協会(IAOIP)のコンベンション―のオープニング・パーティーで、専門家たちが説くイノベーションの手法が、見かけ倒しの食わせ物にすぎないことをこれでもかと見せつけられたからだ。

2018年2月下旬。ワシントンDCにある国際スパイ博物館の上階でレセプション・パーティが行われた。私に手渡された赤い紙ナプキンには、3つの円が走り描きされていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)