スタメン採用・スタミナ採用・留年採用…企業がユニークな採用を行う理由

スタメン採用・スタミナ採用・留年採用…企業がユニークな採用を行う理由

スタメン採用・スタミナ採用・留年採用…企業がユニークな採用を行う理由の画像

究極の売り手市場の中、各企業は優秀かつ適性の高い人材を獲得するために、さまざまな採用方法にチャレンジしている。どうすれば望む人材を確保できるのか。ユニークな取り組みを紹介する。(取材・文/嶺 竜一)

 広告代理店のADKグループ(以下、ADK)は、2020年卒採用から「スタメン採用」をスタートした。これは、自分の強み一つで選考に応募でき、新入社員からいきなりスターティングメンバーとして活躍できるという新しい採用方法だ。

 現場社員への調査から同社が求める人物像を抽出し、九つのポジションを設定。それぞれにエントリーシートを設け、「われこそは!」という応募者を募る形で採用活動を行った。

 ポジションは、「ザ・イノベーター=世の中に大きな影響を与えたい、野心家」「テックギーク=真新しいテクノロジーやデータを扱うのが好き」「ロジカルモンスター=戦略的にモノを考えるのが好き」「ハイパーオタク=好きなことは極めないと気がすまない」など、非常に個性的だ(下図参照)。1次面接ではそのポジションの人材を望む現場社員が面接官を務めることになる。

「面接に来た時点で、当社の現場が望む人物像と、学生の強みのマッチングが終わっているので、面接官個人が望む人物と学生のキャラクターの相性のズレからくる、無駄なミスマッチがなくなった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)