「深堀り」ばかりしていると自己破壊しかねない理由

「深堀り」ばかりしていると自己破壊しかねない理由

Photo:123RF

度重なる増刷が続く入山章栄氏の最新刊『世界標準の経営理論』。約30ある理論を掲載した800ページを超える大作であるが、各章ごとに完結しているため、本書は初めから読む必要がないのも大きな特徴だ。



前回に続き、本書からいま日本企業に最も人気の高い理論の一つである「知の探索・知の深化の理論」を紹介する。すでに各所で多用されている「イノベーション」は、広義の「組織学習」に含まれると解く著者が、イノベーションの核心に迫る。さらに「両利きの経営」の意味を明らかにしていく。



■日本のビジネスに決定的に重要な「知の探索」と「知の深化」

 さて組織学習の骨組みを把握したところで、ここからが本章の本題である。本章と次章では、図表1のサブプロセス(1)にあたり、近年のイノベーション研究において核心的に重要な“exploration and exploitation”に焦点を当てる。本書では explorationを「知の探索」、exploitationを「知の深化」と呼ぶことにする(※1)。

 筆者は、知の探索・知の深化の理論は現代の日本のビジネスを考える上で、決定的に重要な「思考の軸」と考えている。多くの経営者・コンサルタントからもこの点に賛同をいただいている。したがって、あえて2章構成をとりたい。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)