好奇心を持って 相手の話に耳を傾けてみよう

好奇心を持って 相手の話に耳を傾けてみよう

Photo: Adobe Stock

今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

■自分だけではなく、相手にも気持ちよく話してもらうバランスが大切

 何気ない話題でスタートするスモールトークは、相手の返答から次の会話につなげる質問をして、共通する話題を広げていけばどんどん盛り上がります。

 会話のキャッチボールをうまく進めるためには、次に何を言うかばかりを一生懸命考えるのではなく、目の前の相手が話していることをしっかり聞くことが大事です。

 ノンネイティブの私たちが英語で会話する場合、ついつい次に何をどう表現しようかと、自分の発言に意識がいきがちです。会話を続けるのが大事だと頑張り過ぎて、よく相手の話を理解せず、矢継ぎ早に準備してきた質問を投げてしまうなんてことも。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)