一風堂ラーメン創業者が語る、繁盛店を作るために最も必要なこと

一風堂ラーメン創業者が語る、繁盛店を作るために最も必要なこと

力の源ホールディングス社長 河原成美 Photo by Kazutoshi Sumitomo

一風堂を国内外で展開する力の源ホールディングスを創業した河原成美社長の、起業家の原点をたどると、25歳で犯した過ちに突き当たる。その過ちへの思い、その出来事がもたらした自身の変化とは何か。その後、いかにして繁盛店を作り、なぜニューヨークで1杯1700円もするラーメンを売ることにしたのか。前回に続き、河原社長が語りつくした。(聞き手・構成/ダイヤモンド編集部 松本裕樹)

>>前編から読む

■25歳で逮捕され塀の中で自分と向き合う

 当社の社名は力の源ホールディングスです。

 経営者としての僕の「力の源」というか、原動力はどこからくるのか。

 人は生まれて、生きて、死ぬわけですが、自分の意思で表現できるのは、生きるところだけです。自分のためだけに生きるなんて、薄っぺらい人生だし、何のために生きているのかわからなくなってしまう。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)