決まった人しか発言しない「ムダな会議」に陥る2つの決定的要因

決まった人しか発言しない「ムダな会議」に陥る2つの決定的要因

Photo:PIXTA

ビジネスマンなら誰しもが参加を避けられない会議。「今の会議、何が決まったんだっけ?」「自分が出る意味はあったのだろうか?」など、会議によって日々ストレスを感じている方も多いのではないだろうか。

 なぜあなたの会社では、「ムダな会議」が行われてしまうのか。どうすれば「価値ある、ムダのない会議」ができるのだろう。

 本連載では、会議主催者にも、参加者にも役に立つ「3大ムダ会議」の撲滅法について考えてみたい。

■「会議に不満」は8割も発言する人が決まっていないか

 弊社が「会議の不満」に関するアンケート調査を行ったところ、「会議に満足していない人」と答えた人の割合は82%に上り、満足できない理由は下記のようになった。

1位「発言する人がだいたい決まっている」45%
2位「会議がダラダラと続くが、何も決まらない、何が決まったかわからない」24%
3位「会議の時間がまったく楽しみでない。
  ワクワクしない。時間が経つのが遅い」17%
4位「会議で決まったことが実行されない、進まない」13%

 今回のアンケートでの不満のナンバーワンは、「発言する人がだいたい決まっている」だ。皆さんの中にも「あるある、そうだよね」とうなずく方が少なくないだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)