大型倒産ランキング2019ワースト10、好景気でも倒産件数は増加

大型倒産ランキング2019ワースト10、好景気でも倒産件数は増加

大型倒産ランキング2019ワースト10、好景気でも倒産件数は増加の画像

■1位負債総額1033億円100億円超13社

 今回は、2019年に全国で倒産した企業のデータを使い、「大型倒産ランキング2019」をお届けする。東京商工リサーチの集計データを基にダイヤモンド編集部が作成した。対象期間は19年1〜12月。

 ワースト10で最も多かった業種はホテル経営・運営で4社。人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地として知られるホテルを運営していた企業が、負債総額で上位に浮上した。100億円超の倒産は13社だった。

 1位はパナソニックの完全子会社、MT映像ディスプレイ(大阪府)で負債総額は1033億円。

 03年にパナソニック(当時は松下電器産業)と東芝のブラウン管事業の合弁会社として、実質的に事業を開始した。

 液晶との競争激化やブラウン管需要の減少で、06年3月期に債務超過。07年にパナソニックが東芝の出資分を買い取った。

 ブラウン管の製造からは撤退し、補修サービスのみを続けていたが、その後、事業活動を停止。19年1月に特別清算に至った。

 2位はホテル運営のエメラルドグリーンクラブ(東京都)で450億円。ホテルグリーンプラザ鴨川(千葉県鴨川市)、ホテルグリーンプラザ強羅(神奈川県箱根町)といった会員制リゾートクラブの運営を手掛けていた(両ホテルは運営を継続)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)