フジテレビと日本テレビ、「儲かっている」のはどっち?

フジテレビと日本テレビ、「儲かっている」のはどっち?

Photo: Adobe Stock

電通vs博報堂。ヤマト運輸vs佐川急便。アップルvsアマゾンetc.
有名企業の決算書を徹底分析! 「儲かっている」のはどっちだ?
本連載は、誰もが知っている有名企業の決算書を対比させることで、「仕事に効く会計知識」と「経営分析の基本」を一気に学ぶものだ。著者は、「監査法人」「証券会社」「ベンチャー企業」「会計コンサル」、4つの立場で「会計」に携わった経験を持つ川口宏之氏。発売4日で重版が決まった『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください!』の著者でもある。

 熾烈な視聴率争いが繰り広げられているテレビ業界。直近では、日本テレビが視聴率ナンバーワンで、なんと5年連続です。テレビ業界は日本テレビの独擅場といえる状況です。

 一方、フジテレビは2004〜2010年まで7年連続で視聴率ナンバーワンでしたが、今は見る影もありません。民法キー局5社の中で第4位がすっかり定位置になってしまっています。下記の画像を見てください。

 大手テレビ局のフジテレビと日本テレビを比較分析します。それぞれの会社を傘下に持つ持株会社(上場会社)のフジ・メディア・ホールディングスと日本テレビホールディングスの連結財務諸表を分析対象とします。下記の画像(決算書)を見てください。

 両社とも複数の事業を営んでおり、連結損益計算書には、そのすべての数字が表れます。テレビによる利益で比較したい場合、連結損益計算書だけ眺めていても何もわかりません。どうすればいいのでしょうか?

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)