三菱電機に中国系?サイバー攻撃、人材情報奪取の裏に「恐るべき意図」

三菱電機に中国系?サイバー攻撃、人材情報奪取の裏に「恐るべき意図」

韓国や台湾の企業から次々に人材を引き抜いて、自国製造業の強化を図っている中国。三菱電機からの人材情報抜き取りも、その一環と捉えるべきだ 写真:森田直樹/アフロ

三菱電機が昨年6月に、サイバー攻撃を受けていたことを明らかにした。関与が取りざたされているのは、中国系のハッカー集団。防衛や社会インフラに関する重要機密は流出していない、と発表されたが、これで安心するのは早計。彼らが「人材」に関する情報を抜き取ったのには、重要な意図がある可能性が高いからだ。(ノンフィクションライター 窪田順生)

■「防衛機密」の漏洩なしでも安心できない理由

 三菱電機が昨年6月、サイバー攻撃を受けていたことを公表した。関与が取りざたされているのは、中国系ハッカー集団「Tick」だ。

 同社の社内調査や、菅義偉官房長官の会見によれば、防衛装備品の情報や、電力・鉄道など社会インフラなどの重要機密情報の流出はないというが、社員や退職者約6100人分の個人情報と、採用応募者約2000人分の情報が外部に漏れた恐れがある。

 マサチューセッツ工科大学でサイバーテロの研究を行い、近著「世界のスパイから喰いモノにされる日本」(講談社α新書)でも中国のサイバー攻撃の手口を紹介している、ジャーナリストの山田敏弘氏はこのように語る。

「Tickはかねてより、日本の役所や企業を狙っている政府系ハッカー集団。中国政府系のサイバー攻撃の特徴は破壊工作をせず、防衛機密か知的財産の2つを抜いていく。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)