中国発の新型肺炎、不都合発言もみ消す当局の「隠蔽体質」に世界が恐怖

中国発の新型肺炎、不都合発言もみ消す当局の「隠蔽体質」に世界が恐怖

過密な地下鉄車内。1月第2週目には香港でもマスク姿が出始めた

中国で新型コロナウイルスによる新型肺炎が発生し、感染者は周辺諸国に拡大。2003年に8000人を超える感染者を出したSARS(重症急性呼吸器症候群)が脳裏をよぎる。SARSの時に最も問題になったのは、中国政府の隠ぺい体質だったが、果たして今回はどうだろうか。(取材・文・撮影/ジャーナリスト 姫田小夏)

■香港市民が思い出すのは03年のSARS流行

 中国で新型コロナウイルスの感染による新型肺炎が拡大している。1月23日時点で600人近くが感染し、17名が死亡、海外でも、日本やタイ、韓国、香港、マカオなどで感染者が報告された。人から人への感染も確認され、武漢市では日本人男性が重度の肺炎を発症して入院するなど、今後の影響が懸念されている。

 香港でもにわかに緊張が高まっている。ドラッグストアではマスクの売り切れが続出し、複数の地元紙は毎日のように1面で、この新型肺炎を取り上げている。香港市民の脳裏には、2003年に香港を中心に8000人を超える感染者を出したあのSARSがある。

 SARSが流行したとき、感染源としてハクビシンが疑われたが、今回の新型コロナウイルスは、野生のタケネズミやアナグマ、コウモリ、ヘビなどが疑われている。香港や広東省では野生動物を食する習慣があり、捕獲から飲食店に至る野生動物のサプライチェーンへの調査や居住区でのネズミ駆除が行われている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)