「ハイパーコンペティション時代」に経営理論を生かす方法

「ハイパーコンペティション時代」に経営理論を生かす方法

Photo:iStock

発売1カ月で5万部を突破した入山章栄氏の最新刊『世界標準の経営理論』。800ページを超える本書の読み方は読者に委ねられている。もちろん初めから読み進めても良いが、著者が推奨するのは、読者自信が興味のある箇所から読み進めていくスタイルである。約30の経営理論を網羅する本書は、どこから読んでも良いように作られている。いわば辞書のような利用こそが、本書を最大活用する方法のひとつだ。

前回までは、「ある産業が儲かる構造になっているのか」を分析するSCP(Structure-Conduct-Performance)理論をベースに、マイケル・ポータのフレームワーク「ファイブ・フォース」「戦略グループ」「ジェネリック戦略」を解説してきた。

「ファイブ・フォース」は産業の収益性を5つの脅威(フォース)から分析する。「戦略グループ」は自社と同業他社をグループ化してライバルや優位性を分析する。「ジェネリック戦略」では「コスト主導」「差別化」どちらの戦略を選択すべきか、という中でSCP理論をもとに選択することの重要性を解いた。本稿では、これらのフレームワークのベースとなっているSCP理論に関する最新の知見や、SCP理論の限界などを紹介していく。

■SCPの有効性を疑問視

 さて、ここまでSCPのフレームワークを紹介してきたが、重要なのはここからだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)