【山口周×塩田元規×箕輪厚介】 キーワードは「ジャズ」。 時代と共に「つながり」もアップデートせよ

【山口周×塩田元規×箕輪厚介】 キーワードは「ジャズ」。 時代と共に「つながり」もアップデートせよ

【山口周×塩田元規×箕輪厚介】 キーワードは「ジャズ」。 時代と共に「つながり」もアップデートせよの画像

著書『ハートドリブン』で「つながり」について語る塩田元規さんと、『ニュータイプの時代』で組織の新しいあり方を語る山口周さんによる特別対談。「みの編」という新しいコミュニティを創造する箕輪厚介さんも加わり、これからの働き方や組織のアップデートについて語り合った。
「つながり」というテーマから生まれたキーワードは「ジャズ」。「ジャズのようなつながり」という新しいコミュニティの概念とは?「組織の時代」から「個の時代」へ言われる現代。人と人との「新しいつながり」について、時代のトップランナーの3人はどんな考えを持っているのか?(構成:イイダテツヤ、撮影:竹井俊晴)

第1回:https://diamond.jp/articles/-/226664
第2回:https://diamond.jp/articles/-/226667

山口:塩田さんが『ハートドリブン』のなかで「バーニングマン」(アメリカ北西部の荒野で年に1度開催される大規模イベント)の話を書かれているんですけど、あれ、すごくいいなと思っていたんです。

塩田:本当ですか! 嬉しいです。

山口:そもそも「バーニングマン」って、お金のやりとりが禁止されていて、必ず「何かのコミュニティに貢献してください」という「贈与とお返し」で成り立っているじゃないですか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)