投資家に「ここだけの話」が集まってくる理由

投資家に「ここだけの話」が集まってくる理由

藤野英人氏

お酒を飲まないムーブメント「ゲコノミスト」で話題沸騰中!!

「なんとなくお金のことが不安だ」
「若いうちにたくさん稼げるだろうか」
「どれだけ支出を切り詰めればいいんだろう」
「老後のことをどこまで考えればいいんだろう」…

そんな不安だらけのビジネスパーソンに向けて希望を語る著書、『投資家みたいに生きろ ―― 将来の不安を打ち破る人生戦略』が5万部のベストセラーとなっている藤野英人氏。

約30年間、ファンドマネジャーとして第一線で活躍し、7000人以上もの経営者にインタビューし、個人や企業の「成長」を見極めてきた経験を生かし、「投資家の思考」を「日々の習慣」に落とし込む方法を伝授します。

■「第三の居場所」に価値がある

投資家として大事なのは、「情報のハブ」になることです。
人間関係は、フラットにつながっているように見えて、実は人々の重なりの濃度が異なります。つねに中心にいる人に情報は集まってくるようになっています。
「これはあなたに伝えたほうがいい」
そう言ってもらえる人をたくさんつくることで、人生において圧倒的な情報格差が生まれるのです。

一方で、社会人になってから人的資産が枯渇する人がいます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)