「円」を手放し、「縁」を貯める 共感資本でつくる“新しいお金”の定義

「円」を手放し、「縁」を貯める 共感資本でつくる“新しいお金”の定義

「円」を手放し、「縁」を貯める 共感資本でつくる“新しいお金”の定義の画像

2019年11月に刊行された『共感資本社会を生きる』が若い世代を中心に、じわじわと反響を呼んでいる。著者の新井和宏氏(株式会社eumo代表取締役)と、高橋博之氏(株式会社ポケットマルシェCEO)は、今の世の中で生きづらさを抱える人々の根底にあるのは、「選択肢」がないことだと指摘する。経済合理性を追求する社会のかげで、規格外の烙印を押されて置き去りにされてきたものは、少なくない。新井氏と高橋氏は、「お金」と「食」というそれぞれ違うフィールドから、「共感資本」でつながる社会に変えていこうとしている。私たちは大切なものを本当に大切にできているだろうか? 刊行を記念して行われた2人の対談で、今の日本に必要な処方箋が浮き彫りになってくる。(構成:高崎美智子)

■人間は”工業製品”ではない

新井和宏氏(以下新井):僕たちが掲げている「共感資本社会」とは何かというと、行き過ぎた資本主義をどう変えていくか?ということです。資本主義そのものが抜本的に変わるのかは正直、わかりません。ただ、少なくとも、大切にしたいものを大切にできていない今の社会システムを見つめ直す時期にきていると感じます。

「共感資本社会」とは、共感という貨幣換算できない価値を大切にはぐくみ、それを基礎として活動していける社会のことです。僕は「共感」を価値の軸に置いて、大切なものを大切にできる社会を作りたい。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)