動き出した「デジタル円」が経済・生活にもたらす大変化とは

動き出した「デジタル円」が経済・生活にもたらす大変化とは

Photo:PIXTA

発行間近と言われるデジタル人民元に押されて、日欧中央銀行がデジタル通貨への取り組みを始めた。

 もし実現すれば、通貨制度の基本が大きく変わる。それは、経済活動や生活をどう変えるか?

 どのような問題があり、どう対処すべきか?

■中央銀行発行のデジタル通貨取り組みが始動、今秋に最終報告

 中央銀行発行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)」を検討するための組織を、日本銀行やイングランド銀行(BoE)を含む中央銀行と国際決済銀行が作る。

 スイス国民銀行、スウェーデン中銀のリクスバンク、カナダ銀行も参加する。

 4月上旬までに論点をまとめ、6月の会合で中間報告を出し、今秋に最終報告をまとめると報道されている。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)