悪質な「医者・治療法」の見抜きかた、悩めるがん患者と家族は絶好のカモ

悪質な「医者・治療法」の見抜きかた、悩めるがん患者と家族は絶好のカモ

悪質な自由診療を行う医師による医療被害は絶えない(写真はイメージです) Photo:PIXTA

悪質な自由診療や広告による医療・美容の消費者被害が後を絶たない。最近、どんな医療被害が起きているか、その現状を把握するとともに、社会はどのように対応していくべきかを提案する。(医療ジャーナリスト 福原麻希)

■自分にできることは何でも根拠乏しい治療に600万円

 スキルス胃がんの患者・家族のための「希望の会」を運営する轟浩美さんは、3年前、夫の哲也さんを看(み)取った。区の胃がん検診で再検査になり、クリニックで診てもらったが、最初は胃炎と診断されピロリ菌の除去を受けた。だが、食後の胃の強い痛みがおさまらず、2つ目のクリニックで診察、X線検査も内視鏡検査でも異常なしだった。「ストレス性の胃炎」と診断された。

 やがて、食べ物がのどでつかえる感じもあり、ゲップをうまく出せなくなった。しばらくすると、食事中に胃が動かないような重苦しさを感じるようになり、食べる量も減った。1年後、再び、区の胃がん検診を受けたところ、スキルス胃がんと診断された。

 4年間、標準治療(公的保険で受けられる治療。科学的根拠に基づき、安全性と効果について、最も信頼性が高いと推奨される治療)を受けながら、「がんの治癒に役立つのではないか」と補完代替療法(「民間療法」とも呼ばれる)も試した。「補完代替医療」とは、現代西洋医学(通常の治療)以外の医療で、健康食品やサプリメント、特定の食事療法、鍼灸や気功の伝統医学などがある。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)