私服は「ユニフォーム化」してラクをしよう

私服は「ユニフォーム化」してラクをしよう

ベストコーディネートを作ろう(イラスト:須田浩介)

服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男の服選びに対し、書籍『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。あたらしい「私服」に対する考え方を提案する。

■「ユニフォーム化」という提案

みなさんは服選びが好きでしょうか。

百貨店やショッピングモールを見ると、女性のアパレルショップはたくさんあります。しかし、女性に比べると、男性向けのアパレルショップはとても少ないです。

それを見るだけでも、男性の私服への意識の低さがうかがえます。

一般的な会社員であれば、平日はスーツを着るでしょう。
すると、私服は、週に1〜2回しか着ないことになります。つまり、そんなにたくさんのバリエーションなんて必要ありません。
服なんかになるべく頭を使いたくない人も多いでしょう。
そこで、提案したいのが「ユニフォーム化」という方法です。

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏の話は有名です。
黒のタートルネックにリーバイスのジーンズ、足元はニューバランスのスニーカー。メディアを通して見る彼の姿は、いつもこの装いでした。
これこそが、ユニフォーム化の一例です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)