どんな試験でも成績アップ! 「成功率95%」の勉強法とは? <前編>

「とにかく合格したい!」「成績を上げたい!」と目標を持って勉強に励んでいても、こんな悩みにぶつかるでしょう。「続かない!」。どんなにいいやり方を手に入れたとしても、続かなければ意味がありません。勉強とは「すべり台」です。勉強ができる人は階段をささっと駆け上がって、一気にすべるイメージを持っています。それが「学びの自動化」です。すべり台に「すべって楽しむおもしろさ」と「勝手に進むラクラク」があるように、勉強も始めたら止まらなくなるのです。
『偏差値95の勉強法 頭のいい人が知っている「学びを自動化する技術」』には、「没頭力(自らのめり込む)」「論理力(文脈で考えられる)」「記憶力(つながりで覚えられる)」が同時に手に入る勉強法を収録。さらに「没頭力」を発揮することで、「最短で結果が出る」「1日が27時間になる」「努力を努力と思わなくなる」のです。勉強にハマる要素は、たくさんあります。学びの楽しさを実感し、目標を達成できる勉強法を手に入れてください。

■圧倒的にずば抜けた「頭のいい人」と「凡人」の違い

 世の中には、ずば抜けて頭がよく、常によい成績をおさめている人がいます。その一方で、勉強がなかなか好きになれず、成績や点数の向上に苦しんでいる人もいます。

 この違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

 その答えは、「没頭」だと、私は考えます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)