若者の自殺、地方の衰退…… 「社会的不幸」の根っこにある問題は何か?

若者の自殺、地方の衰退…… 「社会的不幸」の根っこにある問題は何か?

若者の自殺、地方の衰退…… 「社会的不幸」の根っこにある問題は何か?の画像

2019年11月に刊行された『共感資本社会を生きる』が若い世代を中心に、じわじわと反響を呼んでいる。著者の新井和宏氏(株式会社eumo代表取締役)と、高橋博之氏(株式会社ポケットマルシェCEO)は、今の世の中で生きづらさを抱える人々の根底にあるのは、「選択肢」がないことだと指摘する。経済合理性を追求する社会のかげで、規格外の烙印を押されて置き去りにされてきたものは、少なくない。新井氏と高橋氏は、「お金」と「食」というそれぞれ違うフィールドから、「共感資本」でつながる社会に変えていこうとしている。私たちは本当に大切なものを大切にできているだろうか? 刊行を記念して行われた2人の対談で、今の日本に必要な処方箋が浮き彫りになってくる。(構成:高崎美智子)

■生産者だって消費者を選びたい

新井和宏氏(以下新井):京都の宮津に「飯尾醸造」というお酢屋さんがあります。京都駅から2時間以上離れていて、行くのは大変ですが、ここのお酢は本物です。日本で唯一、自社の酒蔵でお酒造りから手がけているお酢屋さんで、有機無農薬栽培を50年以上続ける棚田でとれたお米を使っています。棚田を守るために彼らは市場価格の3倍でお米を買い取るんですよ。ちなみにここのリンゴ酢は、「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんのリンゴ100%です。木村さんが無名の時から、形が悪くて出荷できないリンゴを買い取っていた有機無農薬仲間だからできることです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)