「ありんこには、ありんこの戦い方がある」 経済合理性の限界を打ち破る「関係のちから」

「ありんこには、ありんこの戦い方がある」 経済合理性の限界を打ち破る「関係のちから」

「ありんこには、ありんこの戦い方がある」 経済合理性の限界を打ち破る「関係のちから」の画像

2019年11月に刊行された『共感資本社会を生きる』が若い世代を中心に、じわじわと反響を呼んでいる。著者の新井和宏氏(株式会社eumo代表取締役)と、高橋博之氏(株式会社ポケットマルシェCEO)は、今の世の中で生きづらさを抱える人々の根底にあるのは、「選択肢」がないことだと指摘する。経済合理性を追求する社会のかげで、規格外の烙印を押されて置き去りにされてきたものは、少なくない。2019年11月26日に仙台市で開催された刊行記念クロストークでは、「お金」と「食」というそれぞれ違うフィールドから、「共感資本」でつながる社会に変えていこうとしている新井氏と高橋氏に加えて、渡部哲也氏(株式会社アップルファーム 代表取締役)と、矢部亨氏(株式会社矢部園茶舗 代表取締役社長)をゲストに迎えて4人でのトークが繰り広げられた。障害者とともに農園直営のレストラン事業を営む渡部氏と、お茶の生産農家と日々向き合う矢部氏は現場で日々感じている想いを交えながら、「多様性」や「経済合理性」「関係性」を問いかける。(構成:高崎美智子)

■経済合理性の「真逆」に挑む

矢部亨氏(以下矢部):私は仙台から東に16km離れた塩竃市で、「矢部園茶舗」というお茶の会社を営んでいます。よろしくお願いします。

渡部哲也氏(以下渡部):私は仙台の若林区で「自然派ビュッフェレストラン 六丁目農園」という野菜のレストランを経営しています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)