アップルVS.アクティビスト ハーバードはこの闘いをどう教えているか?

アップルVS.アクティビスト ハーバードはこの闘いをどう教えているか?

Photo: Adobe Stock

『HOW FINANCE WORKSハーバード・ビジネス・スクールファイナンス講座』は、ハーバード大学のオンラインのファイナンス講座(Leading with Finance)をベースにテキスト化された教科書です。ファイナンスの教科書といえば、堅苦しいイメージですが、本書は少しイメージが違います。アマゾン、ネットフリックス、スターバックス、アップル、ナイキ…誰でも知っている企業の最新の財務データを使って、経済ニュース、金融ニュースなどをからめながら基礎的なファイナンスの知識を身に着けていきます。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。

■株主のアップルへの反乱

アクティビスト投資家は経営陣に対し、資本配分の決定が正当である根拠を示すよう、ますますプレッシャーをかけるようになってきた。2012年、アップルが市場に売り出した製品で成功を収めていたとき、株主が反乱を起こした。当時、アップルは1300億ドル以上のキャッシュを貯め込んでいた。アップルの時価総額は5600億ドル、すなわち会社の価値は4300億ドルと見られていた(時価総額−余剰キャッシュ)。デイビッド・アインホーンとカール・アイカーンに率いられて、投資家は反旗を翻すことにした。

アインホーンとアイカーンは、アップルは銀行のように行動しており、キャッシュは金利ゼロで山積みされていると見ていた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)