あなたは自信がありますか? 「育ち」がわかってしまう靴の脱ぎ方

あなたは自信がありますか? 「育ち」がわかってしまう靴の脱ぎ方

Photo: Adobe Stock

婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%! 「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』が、2月20日に発売されます。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。
しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね!今回はその中から、ほとんどの人が間違っている靴の脱ぎ方についてご紹介していきます。

■マナー違反横行! 靴の脱ぎ方

訪問時の靴の脱ぎ方で、「育ち」がわかってしまうもの。多くの方が、正しい脱ぎ方を知らず、無意識に間違った脱ぎ方をしているようです。普段の脱ぎ方が正しいかチェックしてみましょう。

下のイラストのような脱ぎ方をしてしまっていませんか?

多くの方が、イラストのように、クルッと後ろを向いて、靴を脱ぎながら揃えるようなかたちで、上がってしまっています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)